業務案内


株式会社エフィシエントは内装解体工事、斫り(はつり)工事、毀し(こわし)工事、建物解体工事のスペシャリスト集団です。

ビル・マンション・商業施設・公共施設・テナント・店舗から一般住宅まで、幅広く工事を行なっています。

確かな技術、豊富な施工実績、お客様の立場に立った費用対効果の高いご提案が弊社の強みです。

そして、信頼と安心の取り付け工事、誠実なアフターフォローで、お客様に安心・信頼・満足と笑顔をお届けしています。

内装解体工事

オフィスや店舗のテナント契約修了による原状復帰等、建物の内装解体工事(スケルトン)は、実績・経験ともに豊富な株式会社エフィシエントにお任せください。建物の規模を問わず、また、法人・個人宅も問わずに対応しています。

工事にあたっては解体開始前の近隣・隣接テナントへのご挨拶等の配慮はもとより、作業時間を厳守した丁寧で確実な工事を行なっています。

現場にはつきものの急な仕様変更があった場合でもご安心ください。豊富な施工実績と工事経験をもとに、お客様のご要望に柔軟に対応いたします。

斫り(はつり)工事

建物の建設現場・土木現場において、コンクリートを砕く・削る・切る・壊すなどの作業全般のことを斫り(はつり)工事といいます。

コンクリート造建物を施工する場合、施工する際の精度に限界があるために、さまざまな調整を行なうことがあります。

例えばドアやサッシの取り付けを行なうにあたり、閉じないとか入らないといったことが起こった場合は、コンクリートを砕く・削る・切る・壊すといった作業が必要になります。

細かい調整が必要な斫り(はつり)作業ですが、実際には時間との闘いであります。

斫り(はつり)作業に時間がかかってしまうと、ドアやサッシの取付業者や電気工事業者など他の業者の作業工程にも影響を与えてしまうので、短い時間で高い精度で仕上げることが要求されます。

弊社はさまざまな現場での工事実績をもとにした高度な技術・豊富な経験・現場の状況に応じた柔軟な対応で、お客様のご要望にお応えしています。

毀し(こわし) 工事

建物などを取り壊す工事を毀し(こわし) 工事といいます。現場の状況によって取り潰し・粉砕・打毀し(うちこわし)・毀し(こわし)・取潰し・打ち壊し・壊し・破壊など行なっています。

重機を使わずにコンクリートを砕いて毀(こわ)していくため、技術が必要で、さらに現場の状況に応じた臨機応変かつ柔軟な対応が要求されます。

その他、杭頭処理も得意としております。いずれの工事も建物の規模の大小を問わずに対応いたします。どうぞお気軽にお問い合わせください。

杭頭処理とは:
杭を施工する時にンクリートを打設しますが、最初に打設した部分は、ベントナイト溶液と不純物や土などが混ざり合ってしまうので、杭の頂部を約1m程、斫って(はつって)不純部分を除去する工事を杭頭処理と言います。

建物解体工事

◆RC造建造物解体

RC造のビル・マンション・飲食店・住宅などの解体・スケルトンは株式会社エフィシエントにお任せください。

RC造は鉄筋+コンクリートで強度があること、比較的規模が大きい場合が多いので解体工事には時間がかかります。さらに、一般木造住宅よりも騒音・粉じんが激しくなる傾向があります。

弊社では工事にあたって、近隣にお住まいの方にご迷惑をおかけしないよう、各工程において騒音・粉じん・振動など十分配慮の上で作業を進めていきますのでご安心ください。

◆木造家屋解体

老朽化した木造の住宅・倉庫・納屋・ガレージの建て替え・撤去などに伴う解体を行なっています。

解体作業に取りかかる前にご近所へのご挨拶を行なうなど、近隣の皆様への配慮を十分に行ない、騒音・粉じん対策をしっかり行なった上で、安全に留意しながら作業を進めていきます。

この頃は祖父母や父母から住宅を相続したものの、長年に渡ってそのままになってしまい、土地の再利用のために解体を依頼されるケースが増えています。

解体したいけど、どこに頼めばよいかわからない・どうしたらよいかわからないなど、お困りごとがございましたらお気軽にお問い合わせください。